FC2ブログ
2018. 12. 09  
   ハワイ(12月7日)

      文・写真:三好登美子


ハワイを昨夜10時頃に出航しました。

やはりハワイは作られたリゾート地、お金を使えば次々と遊ぶことはある。でも一番ショックだったのは、パールハーバービジターでアメリカ人がこの奇襲攻撃をいまだに忘れなく、祭典をしたり当時の物を残して展示していること。考えさせられました(▼∀▼)

日付変更線を通るので10日が無くなり、1日得した感じです。(^O^)v

ハワイの写真を送ります。


ss1544243431089.jpg

ss1544243417769.jpg


 ―  おわり  ―







スポンサーサイト
2018. 12. 07  
 コスタリカ (11月??日)
 
    文・写真:三好登美子
    

今日は朝6時半~8時頃まで、ジェラシックパークのモデルで撮影にも使われたココ島を🚢で一周しました。

ss1543475609714.jpg

ss1543475601737.jpg

1980年頃に世界遺産登録された所で、基本的には一般の人は上陸出来ないとのこと。島から直接滝が落ちている処が見えました。コスタリカ領で550km離れている。では、また(^O^)v


  ー  続く  ー


2018. 12. 03  
 平成30年度第11回例会  

     文・写真:糸井 央


 紅葉シーズンに入り、11月の活動は紅葉を鑑賞するため談山神社~御破裂山~飛鳥寺方面へのハイクです。
 
 1125日(日),総勢10名の参加を得て近鉄桜井駅を9:40発のバスで談山神社へ。バスは紅葉見物や登山客でいっぱいでしたが、10時過ぎには神社前到着、まずは御破裂山に向かって出発。
 
 sss湛山

 割とフラットな山道を登り短時間に頂上に到着。展望台からは飛鳥の里等の街並みや大和三山が
良く見れました。

ss湛山
                         
 一旦、もと来た道から降りる途中に談山
(かたらいやま)で中大兄皇子と藤原鎌足が相談した場所も見物しました。

 談山神社の紅葉も見事で、多くの見物客がみられ木造の十三重の塔(重文)は見応えがあった。ここから尾根道のゆるやかな下り道を3㎞ほど歩き、ちょっと遅い昼食を万葉展望台の眺望のいい場所で摂りましたが、遠くにハルカスも見ながらのガヤガヤとしながら食事となりました。会員のなかに藤原家の歴史に詳しい方がおられ、うんちくに熱心に聞き入っていました。

 展望台から急な下り道を歩き多、少きつい場所もありましたが2.6㎞歩き、田園風景を見ながら飛鳥寺に到着、日本最古の飛鳥大仏を僧侶の短い話を聞きながら寺内を見学しました。
その後約3㎞ほど歩き橿原神宮駅付近で懇親しました。

  ―  おわり  ―
 

2018. 11. 30  
 平成30年度第11回例会

       写真:S.まつばら・T.おかだ

ssIMG_20181110_095612.jpg


 今日(10月10日)の例会の行程は、ロックガーデン~風吹岩と聞いていたが、その先は分からないまま集合場所へ。多分、その先はリーダーが集まった顔ぶれを見て決めるつもりだろうが、行き先の分からないのも面白さはある。

 集合場所の阪急電車芦屋川駅に集まったメンバーは7人だったが、なぜか珍しく男性のみだった。ロックガーデンに恐れをなし、女性には敬遠されたのか?

 今日も最高の好天に恵まれた。数年前まではネイチャーフォスターの例会と言えば、50%以上の確率で雨、特に山行となると90%ぐらいの確率で雨具のお世話になっていた。

 しかし、昨年あたりからこの状況は少し変わってきた。好天に恵まれることが多くなってきて、今年の夏の志賀高原ツァーの4日間は、奇跡的にも全く雨具を使わずに済んでいる。


 好天のお蔭でロックガーデンも、山ガールや元山ガールの皆さんなどで長い列の渋滞が続いた。両手両足を使って這うように登るいくつかの箇所を乗り越えて風吹岩に到着。



ssIMG_20181110_110902.jpg

ssIMG_20181110_110958.jpg 

sssIMG_20181110_110810.jpg
 

 風吹岩で小休止の後、混雑する最高峰方面のコースを避けて横池に向かった。ここを訪れるハイカーは比較的少なく静かな雰囲気で、池の畔を昼食場所を探しながら歩く。

 突然、現れたのが大きなイノシシ。正確には先方は昼寝中だったようなので突然現れたのは我々の方なので、ここは静かに昼寝をして頂くことにして我々が後戻りした。

 しかし、我々の優しい気持ちは後からきたハイカーには伝わらず、起こされたイノシシは昼食中の我々の周りを徘徊することになった。

ss1541830029462.jpg

 
ss1541830008617.jpg

ss1542093949358.jpg 

ss1543480724507.jpg


 イノシシのせいで少し落ち着かない昼食を済ませてからは、コースを西よりにとって黒五山(417m)などに立ち寄って住𠮷道を経由して、住𠮷台からバスで阪神住𠮷駅へ向かった。

  
― おわり ―



2018. 11. 22  
ナスカ(11月8日)~マチュピチュ(11月13日)

    文・写真:三好登美子

今回の
🚢旅のハイライト、ナスカの地上絵とマチュピチュ遺跡に行ってきました。5泊6日の結構キツイ旅でした。
 
パナマ~ペルーの首都リマへ飛行機で、3大貧民街を通り、砂漠を4時間走り、パラカスに移動する。砂漠の中に突然ヒルトン系列のホテルが現れ、前には太平洋のフンボルト海流が流れ、海🌊で泳ぐのは危険とか。それでも知らない人が泳いで死んでいるという。

ss1542451139037.jpg

パラセーリングを沢山見ました。そこで翌日40分バスで走って、空軍が使っている滑走路から12人乗りのセスナ機で50分程のフライトです。午前中でしたので、良く見えました。

ss1542451152531.jpg

ss1542451161907.jpg
 
そこからリマに戻り、でクスコに3400m、観光後バスでウルバンバに2870m、そこで泊まりでした。

翌日、バスでオチャンタイタンボの街で汽車に乗りマチュピチュへ。マイクロバスに乗り換30分程走って、やっとマチュピチュ遺跡の入り口に到着。そこからは3時間歩きで遺跡の中を巡ります。

 ss1542451229827.jpg

遺跡歩きは、いつものNFの活動で慣れてますので、それよりも楽でした。😉 しかし、他のおばさん達はヒイヒイになってましたが、日頃うるさいおばさん達が無口になったので助かりました。😁
 
色々と日本とつながりが多い事も解りました。帰ってのお楽しみ😋



  ― 続く ―
 

 
2018. 11. 13  
パナマ(11月?日)~ペルー(11月?日)

    文・写真:三好登美子


パナマから
で飛んでペルーのリマに着きました。そこから4時間半をバスで走ってパラカスの街に着きましたが、ここは前は太平洋、後ろが砂漠という訳の分からない所です。
 
砂漠の中に突然ヒルトン系列のホテルが現れ、ゆったりしたホテルでにわかセレブになった気分で泊まっています。

ss1542006623572.jpg

ss1542006653262.jpg

ss1542006645681.jpg

ss1542006638258.jpg
 
明日は40分程バスで走って、飛行機でナスカの地上絵を見に行きます。そこで12人乗りのセスナ機に乗って100分程の飛行です。無事に着くと良いのだけどヾ(≧∇≦)

では又、砂漠より皆様に愛を込めて (^-^)/

  ― 続く ー

 
 

 
プロフィール

nature4star

Author:nature4star
 ネイチャーフォスターは山歩き、自然工作などで自然と遊びながら地域社会への貢献を目指す、働くシニアを中心としたサークルである。
 サークルは、平成18年3月に発足してシニア自然大学校(NPO)に所属し、平成25年4月現在で53名の会員が活動している。

公開中の活動記録、お知らせなど
NF会員メール連絡ボックス
ネイチャーフォスターの活動や、このブログについての感想、意見などをお知らせください

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問して頂いた延会員数
QRコード
QR
公開中の活動記録、お知らせなど